一台のコンピューターでGitユーザーを使い分ける方法

git

Gitユーザーの使い分け

Gitを一つのアカウントで利用している場合は気にすることはないのですが、案件毎や部署で複数のGitアカウントを使い分けている場合はその管理が必要になります。

Gitのアカウント情報はconfigファイルに書かれています。
configファイルの仕組みを学ぶとアカウントの使い分けも理解が出来ます。

個人的にGitを使い始めた頃ハマったので記録として残そうと思います。

Git Configの仕組み

PC上でのGit Configは3段階になっています。

設定 場所
system システム全体 /etc/gitconfig
global ユーザーアカウント単位  ~/.gitconfig
local リポジトリ単位 repository/.git/config

上から順に読み込まれて、上書きされていきます。
つまりlocalにconfigファイルがあればそれが最優先となります。

Gitアカウントを使い分ける(リポジトリ単位で使い分け)

localのconfigファイルがもっとも優先されますので、ローカルリポジトリでconfig設定をすればそのリポジトリではそのアカウントが使われます。

設定方法:該当リポジトリ(ディレクトリに移動)

git config --local user.name "username"
git config --local user.email username@userdomein.com

と指定します。

Gitアカウントを使い分ける(メインとサブで使い分け)

主アカウントを普段使っていて一時的に別アカウントを使いたい場合はglobalとlocalで使い分ける方法もあります。

git config --global user.name "main_username"
git config --global user.email main_username@userdomein.com

これでホームリティクトリ直下に.gitconfigファイルが出来ます。
リポジトリでlocal設定をしなければ主アカウントが適用されます。

次に使い分けしたいリポジトリに移動して

git config --local user.name "sub_username"
git config --local user.email sub_username@userdomein.com

とします。

これでそのリポジトリのみサブアカウントのユーザーでGitが利用できます。

私の場合は主アカウントで個人のフリーランス活動、サブアカウントで授業のコードを管理しています。

Git Configを確認

最後に設定を確認する方法も記載しておきます。

$ git config --local -l
$ git config --global -l

注)個人的にgit config –systemを使用していませんのでsystemについては割愛しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました