Visual StudioCodeでGitを使う(準備編)

Visual StudioCodeでバージョン管理(Git)をマスターする

時代の波というのか、リクエストが多いのでバージョン管理を授業に加えることにした。
まずVisual StudioCode(以下VS code)で流れを覚えてもらい、コマンド操作での管理に進みたい。

環境構築からスタートしよう。
VS codeから管理対象となるフォルダを開いておいてください。

ソースコードを管理しているフォルダがいいでしょう。

VS codeとGit

VS codeでバージョン管理(Git)を利用するには上から三つ目のアイコンを利用する(赤丸)。
初期段階では「ソース管理プロバイダーが登録されていません」と表示されています。

ソース管理メニューの右になにも表示されていない場合は、Gitがインストールされていない。VS codeはGitに対応しているのでプラグインなどは不要ですが、Git本体を含んではいないので別途インストールが必要です。

Gitのインストール

Gitのインストールはそう難しくない。
インストーラーをダウンロードして実行すればいい。
Git for WindowsのWebサイトからダウンロードを選択すればいい。

Gitインストールの詳細

インストール画面は英語ですが、特別な操作はありません。
デフォルト設定のまま「NEXT」で進んでいきます。

注)editorはVS codeを指定してみました。

エディターの指定以外は全てデフォルトで進めました。

VS codeでGitの初期設定

インストールが終わったらVS codeを再起動します。
そうすると先ほどの画面にGit用のメニューが表示されます。

赤丸をクリックすると初期フォルダを尋ねられます。

選択するとGit用メニューが表示されます。

これで準備は完了です。
次回は基本操作編に続きます。